TOPスポンサー広告 ≫ ○ちゃん風手羽先TOP手羽先を使った料理 ≫ ○ちゃん風手羽先

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments (-) | Trackbacks (-)

○ちゃん風手羽先

名古屋名物の一つ、手羽先を作りました~!
口の中に入れると外はパリっと中はジューシー!!
甘辛で、胡椒のインパクトが忘れられすクセになる一品です!
それでは、作り方を~!

用意する食材( 1~2人分 )

手羽先 5本 
塩・こしょう 適量
片栗粉 適量

(タレの材料)   
・醤油   大さじ3 
・みりん 大さじ2
・酒    大さじ1 
・白ごま 大さじ1
・はちみつ 大さじ1.5 (砂糖でもいいです。)
(今まで、大さじ1で作っていましたが、少し甘めにした方が美味しかったので!!)
          
粗挽き黒胡椒、又は、胡椒 お好み(自分は胡椒を使います。ビールとか飲んで味にパンチが欲しいという方は、黒胡椒の方がいいと思います。)

手羽先を用意します。
手羽先

そして、手羽先の身のついている部分にある二本の骨の間に軽く切り込みを入れておく
手羽先 切り込み入れ

① 手羽先に塩・こしょう をすり込んで、少し置いておく
手羽先 塩コショウ


次に片栗粉をまぶす。(余分な粉ははたいて落とします。)
手羽先 片栗粉付け


誰の材料・の5つを混ぜ合わせてタレを作る。(火を通しておく)
(自分は、1度揚げして余熱保温している最中に少しだけ沸騰させています。)
手羽先 タレ

② ①の手羽先を150~160度ぐらいの低温で(約8~9分ぐらい)じっくり揚げる。
揚げ終わりの写真で勘弁してください・・・(数分置いておくことで、余熱で中まで火を通します。)
手羽先 一度揚げ

そして、180~190度の高温で(約1分半ぐらい)カラッと揚げる。
この時、油が凄くはねるので、ご注意を!!
③ ②で揚げた手羽先を熱いうちに(油から上げてそのまま)先程作ったタレに入れからめる。
(漬け過ぎると辛くなるので、手羽先全体にタレが絡んだらすぐ上げる)
手羽先 二度揚げ タレ火入れ

④ 皿等に並べ、コショウをかければ、完成~!(別に皿でなくてもいいですが・・・)
手羽先 完成!


注意点と言うか・・・

手羽先は中々火が通らないので、低温でじっくり揚げて中までしっかり火を通すこと。
火が通ってないと、翌日お腹が大変なことになりますよ・・・

後は、前にも書きましたが、②~③の工程を素早く!!(手羽先を揚げすぐにタレに入れる。ジュッ!!と音がすればOKです。)
タレに入れる、はちみつは、砂糖でもいいですが、出来上がりの手羽先のテカリ具合が気持ち少ないです。
後は~・・・
つかみにくいので、自分はステンレスのトングを使用してやっています~
箸でやっててツルッと落として熱された油が飛んできて大変熱い思いをしたので・・・

ん~後は~・・・
タレが余ると思うので、余ったら次回用にとっておくか、
塩コショウで味付けしただけの鳥から揚げにかけても美味しいですし、
鶏もも肉を小麦粉、又は米粉をつけて焼いてチキンステーキのタレとして使っても美味しいですよ!
スポンサーサイト

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。